オフテクス

アットスタイルが取り扱っているオフテクスの商品は、バイオクレン モノケアモイストというハードコンタクトのレンズケア商品のみとなっています。

 

株式会社オフテクスは、1981年設立の会社。神戸に本社を置き、兵庫県豊岡市に工場を持ち、コンタクトレンズケア製品の開発やコンタクトレンズの輸入販売などを事業内容としています。オフテクスの名前の由来は、Ophthalmology(眼科学)と、Technics(技術)という2つの英単語を組み合わせて出来た独自の単語。眼科領域に特化したスペシャリストとしての事業で社会貢献をしていくことを表しています。

 

ハードコンタクトレンズ用ケア用品、ソフトコンタクトレンズ用ケア用品、ソフトハード両方ケア用品、目薬、そしてコンタクトレンズ本体としては、1ヶ月交換型コンタクトレンズのビューノTを販売しています。レンズケア用品にこれだけ特化して研究開発そして販売している会社はなかなかないかもしれません。その高い技術力で貴重なメーカーとしての存在価値を感じます。

 

バイオクレン モノケアモイスト

オフテクスでは、ソフトコンタクト用としては、ヨウ素タイプ、1本タイプ、過酸化水素タイプの3つのコンタクトレンズケア用品を販売しています。

 

ヨウ素タイプは、ヨウ素(ポビドンヨード)の効力を利用した新方式のケア用品です。カンジダ菌への殺菌力も強く、タンパク質除去効果も非常に高いのが特徴です。1本タイプは、この1本でレンズケアのための全ての作業が済むのがメリットです。過酸化水素タイプは、過酸化水素(H2O2)でしっかりとレンズを消毒してくれます。消毒・洗浄・中和をレンズケース内で全ておこなってくれるので、ケースからレンズを出したらそのまま装用することができます。アカントアメーバへの殺菌力も非常に高いとされています。

 

ハードコンタクト用としては、ヨウ素タイプ、つきおき洗浄(1液/2液)、こすり洗いの3種類です。ヨウ素タイプは、前述の通り。つきおき洗浄タイプは、洗浄・保存・タンパク質除去をまとめてやるタイプ。1液は1つの液体で。2液は2つの液体を混ぜて液を作ります。こすり洗いタイプは、専用液でこすり洗いをし、一般的には同様の液をケースに入れ、そこにコンタクトレンズを入れて、保存も行うというものです。

 

TOPへ