併設眼科 処方箋

現実、隣のお店でした使えなかったりします

巷にあるコンタクトショップでは、お店の横に、もしくは提携している眼科があるケースがほとんどです。こういった眼科で発行される処方箋って、横にある(もしくは提携先の)コンタクトレンズ屋さんでしか使えないのでしょうか?

 

そもそもの話をしますと、コンタクト販売の際に、購入者が処方箋を交付されている必要は法律上はありません。そのようなこともあり、コンタクトの処方箋には決まりがありません。実際には、処方箋というよりも、装用指示書という名称のものであり、あなたに適したレンズデータを記した書類になります。

 

医師が作成する処方箋は、本来、ある特定の業者に向けたものであってはなりません。処方箋薬にしたって、ある特定の薬局を指定するものではってはありません。医販分離はきとんと行われ、そこに癒着等があってはならないものです。

 

しかし、現実としては、コンタクト併設の眼科の多くは、隣のコンタクトショップでしか使用できないと言うでしょう。おかしな話ですが、それが実際におきていることのようです。

 

アメリカのようにコンタクト購入には処方箋が必要と法律化されていれば、コンタクト処方箋にまつわるきちんとしたルールも決まるのでしょうが、日本では法律化されていない分だけ、あやふやなことも多くなっているようです。

 

併設の眼科で発の処方箋は、隣のコンタクト屋でしか使えない?関連ページ

処方箋不要の通販店利用の際に気をつけることは?
使い捨てコンタクトレンズを処方箋不要で購入できる通販店の利用はとても便利です。でも、いくつか守っていただきたい注意点がありますので、お読み下さい。
コンタクトレンズを処方箋なしで販売することは薬事法違反では?
コンタクトレンズ購入時に処方箋提出を義務付けているお店があるのに対して、処方箋が不要となると、そう思うのも最もかもしれません。では、’その件につおてお答えいたします。
処方箋なしで購入して眼に異常がおきないか心配です
処方箋なしで使い捨てコンタクトを購入して、眼障害が発生したりしないか心配されていますか?眼障害発生の正しい知識を持ちましょう。
レンズデータがわからないので、処方箋が必要。費用はいくら?
初診でコンタクトレンズ処方箋を発行してもらう際の費用についてご説明します。このようなルールがあるのです。
レンズデータがわからないので、処方箋の再発行が必要。費用は?
再診でコンタクトレンズ処方箋を発行してもらう際の費用についてご説明します。再診の場合のルールはこのようになっています。
処方箋には何が記載されているのですか?
コンタクトレンズ処方箋にはどのような内容が記載されているのかは、こちらをご覧下さい。
処方箋だけ発行してくれる眼科はありますか?
眼科では、コンタクトレンズの処方箋のみを発行をお願いしたら断られたといった話を聞きます。実際のところはどうなのでしょうか?
レンズデータはどのようにしたらわかりますか?
コンタクトレンズ購入に必要なレンズデータはどのようにして知ることが出来るのかご説明します。
視力がわかっていれば、コンタクトの度数は選べますか?
処方箋不要でコンタクトレンズが買えるお店があるといっても、レンズデータがわからなければ意味がありません。裸眼視力からレンズデータはわからないのでしょうか。
コンタクトの使用期限って?
使い捨てコンタクトレンズの使用期限ってあるのでしょうか?あれば、それってどれくらいなのでしょう?