眼科 処方箋のみ発行

処方箋のみの発行を断る眼科は存在します。その背景とは

コンタクトレンズの処方箋が必要だから、眼科に行って、「処方箋だけを発行して欲しい」と頼んだら断られた、というケースが少なからずあるのが現実のようです。最悪の場合を説明すると、眼の検診を全て終えて、最後に「処方箋のみお願いします」と伝えたら、うちでコンタクトを買わないと処方箋は交付しないと眼科医に言われるパターンです。

 

眼科医がこのように言うには2つの理由があるようです。ひとつは、眼科医の責任として、担当眼科医の指導のもとでコンタクトを提供しなくては、安全面は保証しかねるということ。自分が交付した処方箋を使い、知らないお店で勝手にコンタクトを購入して、患者に眼の障害が発生したら、医師としては困ってしまいます。

 

二つ目は、商売としての側面です。眼科としては、当然その眼科(もしくは提携するコンタクトショップ)でレンズを購入してもらわなくては、利益に繋がりません。処方箋交付だけでは、たいした商売になりませんから。さらに、チェーンのコンタクトショップやコンタクト通販と比較すると、眼科では高値でコンタクトを販売しているケースがほとんどです。利益幅も大きいので、当然そこで買って欲しいわけです。

 

このどちらかの理由、もしくは両方の理由により、処方箋のみの発行を受け付けていない眼科が存在します。

 

ここで、法律的なお話をしておきますと、「医療と販売の分離の原則」というのがあり、本来は、(保険適用の)眼科医でコンタクトの販売といった販売業務を行ってはいけません。特定のコンタクト販売店への誘導さえも行政指導の対象となっているのです。しかしながら、この医販分離の理念は必ずしも眼科医に守られていることはなく、前述したような処方箋のみの発行の拒否ということもおこっています。

 

ただ、眼科医さんの立場からすると、コンタクト販売店が購入者に処方箋の提出を求める義務はない、ということは、眼科医もコンタクトの処方箋の交付をおこなわなくてはならない規定もないととらえている場合もあるようです。また、コンタクトの販売も併せて行わないと、とても採算が取れないという意見もあります。

 

いろいろな事情はあるようですが、医販分離の理念に沿って、コンタクトの処方箋(装用指示書)のみの発行をしてくれる眼科も存在します。これは個別に確認する必要がありますので、眼科の予約時に、「処方箋のみの発行をお願いしたい」という旨をきちんと伝え、確認することが欠かせません。そして、眼科医の診断を受ける冒頭にも再確認しておくことをお勧めします。

 

処方箋だけ発行してくれる眼科はありますか?関連ページ

処方箋不要の通販店利用の際に気をつけることは?
使い捨てコンタクトレンズを処方箋不要で購入できる通販店の利用はとても便利です。でも、いくつか守っていただきたい注意点がありますので、お読み下さい。
コンタクトレンズを処方箋なしで販売することは薬事法違反では?
コンタクトレンズ購入時に処方箋提出を義務付けているお店があるのに対して、処方箋が不要となると、そう思うのも最もかもしれません。では、’その件につおてお答えいたします。
処方箋なしで購入して眼に異常がおきないか心配です
処方箋なしで使い捨てコンタクトを購入して、眼障害が発生したりしないか心配されていますか?眼障害発生の正しい知識を持ちましょう。
レンズデータがわからないので、処方箋が必要。費用はいくら?
初診でコンタクトレンズ処方箋を発行してもらう際の費用についてご説明します。このようなルールがあるのです。
レンズデータがわからないので、処方箋の再発行が必要。費用は?
再診でコンタクトレンズ処方箋を発行してもらう際の費用についてご説明します。再診の場合のルールはこのようになっています。
処方箋には何が記載されているのですか?
コンタクトレンズ処方箋にはどのような内容が記載されているのかは、こちらをご覧下さい。
併設の眼科で発の処方箋は、隣のコンタクト屋でしか使えない?
コンタクトレンズショップ併設の眼科で発行された処方箋は、隣のコンタクト屋さん以外もで使えるのでしょうか。
レンズデータはどのようにしたらわかりますか?
コンタクトレンズ購入に必要なレンズデータはどのようにして知ることが出来るのかご説明します。
視力がわかっていれば、コンタクトの度数は選べますか?
処方箋不要でコンタクトレンズが買えるお店があるといっても、レンズデータがわからなければ意味がありません。裸眼視力からレンズデータはわからないのでしょうか。
コンタクトの使用期限って?
使い捨てコンタクトレンズの使用期限ってあるのでしょうか?あれば、それってどれくらいなのでしょう?